ALWEATHERシューズ/moonstar

ALWEATHERシューズ/moonstar

ゴム産業の町として知られる福岡県久留米市で、明治6年(1873年)に地下足袋から始まり、140年もの間、靴を作り続けてきたムーンスター。
人の足型を研究し、特にラバー素材にこだわることで履き心地の良さを保ち続けてきました。


キャンバス生地にラバーを貼り合わせた全天候型モデル「ALWEATHER / ALWEATHER C」が新たに加わりました。
雨天時や、野外イベントなど足下の状態が悪い場面でも気にせず履くことができる仕様となっています。