スタッフインタビュー/インポートショップ

聖林公司のショップで働くスタッフの中から、今回は「ハイ!スタンダード」「トールフリー」「ジャーニー」の各マネージャーにインタビューを行いました。


Q:まずは入社経緯をそれぞれお願い致します。

TOLL FREE:中学生の時に地元のセレクトショップで聖林公司の事を知り、初めて代官山のハリウッド ランチ マーケットに来店しました。お店の入口から独特なオブジェ、インセンスの香り、視覚だけでなく嗅覚でも驚きと楽しみを感じました。そこから服だけでないお洒落に興味が湧き、アパレル業界で働くことを目指すようになりました。専門学校卒業後は別の会社で仕事をしていましたが、自分が驚きと楽しみを感じた会社で働くことで、同じようにお洒落に興味を持ち、アパレル業界で働きたいと思う人を増やしたいと思い聖林公司に応募しました。


HIGH! STANDARD:アパレル他社で勤務した後に転職し、少しの期間はPC関係の仕事をしていました。しかしその仕事はあまり心から楽しいと思える仕事ではなく、もう一度洋服に携わる事がしてみたいと考えていた時、昔から好きで通っていたハイ!スタンダードの求人を見つけて応募しました。


JOURNEY:もともと聖林公司の洋服が大好きで、地元の取扱店に足繁く通っていました。
当時はリゾートホテルで働いていましたが、大好きな洋服に携わる仕事がしたい思いを抑えきれず、後先の事は考えずに応募しました。
聖林公司の直営店に足を運んだ時のワクワクした気持ち、その空間にしかない独特の世界観などに惹かれ、『ここに身を置きたい!』と強く思った事が一番大きかったと思います。


Q:みなさん入社前に聖林公司のショップに来店経験がありますね。入社前に感じていた印象が実際に入社してから何か変化はありましたか。

HIGH! STANDARD:入社前にはあまり意識していませんでしたが、当時配属されたハイ!スタンダードでの接客に対する気持ち、お客様を常に大事にする姿勢が強く印象に残っています。

TOLL FREE:接客に対する姿勢については同感です。また実際に仕事をしてみて、初めて覚える事が非常に多く、専門学校で学んだ事が全てではないと思い知りました。
また店舗スタッフの独自の発想や思いをもとに、ディスプレイなどを構築している事はとても印象的で驚いた事を覚えています。

JOURNEY:VMDやMDなどの専門担当からの指示のもとではない事には僕もびっくりしました。


Q:入社当時に驚きを感じた、自分たちで店舗を作っていく事を、店長として今実際に行っていただいています。店長である皆さんが店舗として目指しているところを教えてください。

HIGH! STANDARD:僕はハイ!スタンダードのスタッフみんなとお店を創り上げていく事が今の目標です。
人それぞれ得意な部分や弱点があると思います。不得意を得意にして行く事も重要だと思いますが、それ以上に強みの部分をより伸ばして行く事が今の店舗には大事だと感じています。お店はチームで成り立っているので、お互いの弱みはそれぞれがカバーし合い、共通の目標に向かって走っていけるよう日々努力しています。

JOURNEY:僕もスタッフに仕事・お洒落を楽しんでもらえる店舗にしたいと思っています。スタッフがなにより楽しんでいなければお客様にも響かないですよね。
また昭和初期に建て替えられた日本家屋を遺していくという使命を持っているジャーニーの店構えは本当に個性的です。そのような趣のある店内に、スタッフが提案する商品がある。空間と自分たちの選んだ商品を融合させてよりよい店舗を創る事を目指しています。

TOLL FREE:古着の展開。それを強みとして活かし、個性的で面白いファッションの提案ができるトールフリーを創りたいと思っています。古着にはコーディネートに取り入れる事で新品では表現できない面白さがあり、ファッションの幅も広がります。その面白さを伝えていきたいです。


Q:3店舗のなかでもトールフリー、ハイ!スタンダードは特に長い歴史がある店舗なので、お客様には店舗に対するイメージもある程度ついているかと思います。皆さんはお客様が持たれている店舗イメージに対してはどう感じますか。またその中で店長として今取り組んでいる事はどのような事ですか。

TOLL FREE:何十年も通って頂いているお客様に対して、変えてはいけない部分はこれからも店舗の軸として持ちつつ、常に新しさを感じられる店でありたいと思います。現在は古着をリサイクルし、別の新しい商品として再構築する事をテーマに提案している【H.R.REMAKE】というオリジナルブランドをもうひとつの新しい軸に据えて展開しています。


Q:今皆さんはインポート商品を主に提案している店舗で勤務しています。ハリウッド ランチ マーケットやブルーブルーのようには、お客様の中で聖林公司という会社名がそれぞれの店舗名がすぐに結びつかないこともあると思います。その事で苦労する事などはありますか。

HIGH! STANDARD:入社して日々の接客の中でお客様から頂く、ちょっとした言葉から教えてもらう事が多く、店舗創りの参考になっています。お客様からは商品面ではなく、店舗に立つスタッフの印象で3店舗も聖林公司グループの一員と認識して頂いていると感じられました。店舗創りという面で、商品構成やスタッフとの向き合い方など、先輩方からのアドバイスを頂きながら今に活かす事はしていますが、自分の色を出すことはやればやるほど難しく、とても時間が掛かる事だと実感しています。今は全体を変えるのではなく、少しずつ自分の色を足していく。そんな感覚です。これまでもそのようにつくられてきた土台があり、それが魅力だとも思っています。


Q:率直に今感じていることはどのようなことですか。

JOURNEY:様々な業態の店舗が次々と新しく出てきますし、お客様の求める物も多様化している中で、いわゆる僕らのようなセレクトショップが生き残っていく事は難しい事だと思いますが、『ここで買いたい』・『このスタッフから買いたい』と思って頂く事が本当に大事だと思います。その為には店舗のオリジナリティをより濃くする事。ジャーニーの軸をどんどん定着させていき、お客様に『ここに行けば○●がある』という認識を持って頂けるようにする必要があります。僕から見るとジャーニーよりも長い歴史のあるハイ!スタンダードやトールフリーは個性的な店舗だと感じています。自分も負けないようにジャーニーの魅力を創り発信していきます。


Q:皆さんのそれぞれの店舗に対してのイメージはどのようなものですか。

TOLL FREE:『インポート商品中心のショップ』というとすべて同じに聞こえるかもしれませんが、店舗毎に色が違います。もちろん同じ商品の取り扱いもありますが、その店らしい打ち出し方や着こなしの提案をする事で違った印象になってくると思います。

HIGH! STANDARD:僕はトールフリー=古着のイメージも持っていますが、それはあくまで聖林公司の中での事であると思っています。中目黒には他にも多くの古着屋がありますし。トールフリーはそれぞれが着古されたことで味のある一点物という古着だけでなく、常に変化する新しい商品とが一緒に店舗にある事で選べる楽しさが生まれています。古着があり、旬な商品があり、ベーシックな定番的な商品がある。それらが共存している空間が面白いと感じています。

TOLL FREE:ジャーニーは綺麗なスタイルの提案ができる商品構成というイメージです。またベーシックなスタイルにアクセントを入れる事がジャーニーの面白さかなと。
ハイ!スタンダードはアメリカ、ワーク、アウトドアの要素が色濃い事。これらがトールフリーと少し異なるところだと思います。トールフリーも負けないように店舗の色をより大事にしたいですね。

JOURNEY:なかなかこんな風に意見を交わす機会もないので新鮮でした。また自分と皆の持つ印象に近いものを感じる事ができました。


Q:皆さんには店舗それぞれの印象や個性を伺いましたが、その中で似ていると感じるところは具体的にどこですか。

JOURNEY:これはスタッフに対して思う事ですが、入社前にジャーニーに通っていた中で、『ここで働きたい!』と思うようになり、応募したスタッフが在籍しているので、好きなものが似ているなと感じます。ジャーニーらしさに対して同じ向きを向いていますね。

TOLL FREE:逆にトールフリーではスタッフの好きなものが違います。ただそれぞれ自分の好きにもっともっと踏み込んでいき、さらにそれを店に活かそうという姿勢がある事はジャーニーやハイ!スタンダードと同じだと思います。

HIGH! STANDARD:トールフリー、ハイ!スタンダード、ジャーニーはそれぞれ特徴や個性が特に強い店舗だと感じています。世界中から選ばれた洋服は、どれも魅力ある商品ばかりで、色々な発見があり、お洒落に対する考え方をより広げてくれると感じています。
また、これは聖林公司のどの店舗にも共通する事だと思いますが、僕がハイ!スタンダードにいておもしろさを感じる事のひとつは来店されるお客様の幅広い年齢層。10代から70代くらいの方まで、本当にいろいろなお客様に来店して頂く事です。

TOLL FREE:客層の広さに関しては同感です。また一風変わった独特な商品を探して来店されるお客様がいらっしゃる事も。『トールフリーに行けばあるかも』と思って頂いているお客様の存在は嬉しいですね。


Q:皆さんが今後チャレンジしたい事はどんな事ですか。

JOURNEY: 商品仕入れとして、ジャーニーに合う商品を選んでいる時が一番楽しいと感じています。またお客様が納得して購入して頂いた時にはさらに頑張ろうと思えますね。今現在も自店舗の商品仕入れを担当していますが、今後はより広い範囲を担当できるようになりたいと考えています。

HIGH! STANDARD:ハイ!スタンダードとしての軸は大事にしつつも、それだけに捉われずにどんどん新しい事にチャレンジしていきたいと思います。スタッフとの接し方についても商品仕入れにおいても毎日が挑戦です。

TOLL FREE:僕の今後チャレンジしたい事として、トールフリーの認知向上の為、外部イベントへの参加を考えています。今も、より多くの方に知って頂き、ご来店頂けるように、店舗でのイベント開催やSNSでの発信をしていますが、『トールフリー=聖林公司の店舗』と認知されていない方が多いのも現状です。今後は自分たちが外に出ていく事でより多くの方に知って頂きたいと思っています。この取り組みを通して店舗としての成長にも繋げていきたいと考えています。個人としてはミシンを使って実際にものを作る事が好きなので、将来的にはものづくりに関連する事に携わる事は目標ですね。


Q:それでは最後にご応募を考えている方にメッセージをお願いします。

TOLL FREE:一人一人の個性が発揮できる会社です。経験の有無には関係なく、働く中で自分の強みを見つけて活かしていけると思います。聖林公司には様々な経歴のスタッフがいます。聖林公司が好きな方、お洒落に興味がある方、新しくチャレンジしてみたい方には是非一度応募して頂きたいと思います。現場で知れる事はいっぱいあると思います。

HIGH! STANDARD:聖林公司には自分のやりたい事にチャレンジできる風土があると感じています。
『ちょっと好き』、『興味がある』程度でも全く構わないと思います。
様々な個性がある店舗が揃っていますので、自分が輝ける場所がきっとあると思います。
その中で働く事で人間的にも成長が出来ると思います。

JOURNEY:聖林公司は皆さんの情熱・熱意があれば、やりたい事に進めるような環境が整った会社です。自分たちで考えて店舗で実行できることが本当に多いです。
またそれをサポートしてくれる先輩や、支えてくれる仲間も多くいます。
もちろん仕事なので大変な時も多々ありますが、その分やり遂げた時の達成感も大きく、自身の成長を感じることができます。
やりたい事に熱意を持って取り組み、自身の成長に繋げたいという方。一緒に働く事が出来るのを楽しみにしています。

採用についてのお問い合わせはこちら